2018年度第2回外国人/EPA向け介護福祉士国家試験ふりがな付き模擬試験

外国人向け介護福祉士国家試験模擬試験(模擬テスト)の第2回目を開催(教室と自宅で)

教室開催について

12月13日(木)市川市鬼高教室及び12月15日(土)市川市本八幡教室、ともに13:30-17:30にて、本試験と同様の前半68問、後半57問の合計125問にチャレンジします。すべて漢字にひらがなが振られた問題をマークシートで解答する方式で実施。当センター国家試験対策講座通学生が受験しますが、本八幡教室は若干席に余裕があるため、受験料2,000円で外部受験生も受け入れ可能になっています。

※12月13日(木)、市川市にて日本人1名を含む27名が受験しました。

自宅受験も2,000円で案内

第1回目同様、EPA介護福祉士候補者やその他在日外国人介護職のために、本模擬試験を自宅でも受験できるよう、希望者には模擬試験問題と解答用紙を送付し、後日採点するサービスもあります。受験後の本人の解答用紙が当センターに届き次第、全125問のビデオ解説を見て自己採点や補習が受けられる専用のフェイスブックグループページにも無料で登録され、国家試験直前対策に活用される仕組みになっています。(登録時にはフェイスブックアカウントが必要)

前回の自宅受験の説明ビデオで分かりやすく説明されています。下記をご覧ください。

申込みはあくまでも生徒さんと同じ、個人単位となっているので留意願います。お申込みフォームはこちらになります。→ 【申込みフォーム】

なお、介護事業者に限り、法人でのお申込みにも対応させていただきます。ご希望の際は、メールにてご相談ください。またお申込みは下記の申込用紙をダウンロードし、必要事項ご記入の上、当センターまでFAX願います。

→ 法人専用申込み用紙のダウンロード

介護事業所限定、無料ダウンロードお試し受験

外国人介護職を採用している介護事業所限定(1事業所1名分限定、先着50名)で、2018年10月度の模擬試験をダウンロード方式で提供します。(申込み、受験にはフェイスブックアカウントが必要) お申込みはこちらの申込用紙をダウンロードしてお送りください。 → 無料お試し模擬試験申込用紙

EPA候補者を採用している約150の施設・法人様にはメールにて上記10月度模擬試験の問題と解答用紙をお送りしています。

お問い合わせメール info@maripartners.net

詳細は前回の第1回10月度模擬試験のページを参照

開催日と試験問題以外の詳細については前回10月度と同様になります。詳細はこちらのページをご覧願います。→ 2018年10月度ふりがな付き介護福祉士国家試験模擬試験

EPAワークシート学習支援ビデオの販売提供を開始

介護事業者限定の無料ふりがな付き模擬試験ダウンロードサービスにつづき、自宅EPAワークシート学習を支援するビデオ全20巻が完成し、11月3日より販売を開始しました。こちらも参照ください。