EPAや在日外国人への介護福祉士試験勉強の教え方

EPA介護福祉士候補者や在日フィリピン人、その他外国人の特性を見極める

介護福祉士試験対策の学習方法は本当に今のままでいいですか?

貴施設で教育担当者になっている方は、是非本ページの動画を参考にしていただければ幸いです。

なんでもかんでも、配給されたテキストに書いてあることを詰め込ませようとしても無理です。分かりやすくはもちろん重要ですが、彼らの特性をしっかり見極めて、その彼らに合わせて指導をしなければなりません。

NHKの放送大学のような講義は外国人には無理です。100点を取らせようと、すべて一律に教えてもだめです。

正答率60%をなんとか超えるレベルに向けて、楽しく、継続して勉強したくなるような指導をしましょう。

講義の動画配信を採用しているケースがよくありますが、その動画の内容は本当に彼らが求めているものでしょうか?

私たちの配信する講義動画は「生きた」レッスンです。貴事業所の外国人職員の方、特にEPA介護福祉士候補者の方々に、このような生きた動画配信で少しでも国家試験突破に近づけるよう、支援していただきたく、よろしくお願いいたします。

Eラーニングの受講料は月額2,000円のみです。いつでも合流でき、最初の講義ビデオから全てを視聴できます。(日本語がまだまだ弱い方には、日本語JLPT N3のオンラインレッスンの無料オプションもあり。EPA2年目のある生徒さんは本Eラーニングと日本語オンラインの両方で楽しんで頑張っています。また、在日外国人の方で実務者研修も他校で受講する場合に、その宿題を動画で勉強できるオンラインレッスンも無料オプションで提供しています。)

お問い合わせ先:
(社)外国人介護職員支援センター
千葉県市川市八幡5-15-14
電話・FAX 047-713-6214 (不在時留守電対応中)
メール info@maripartners.net
お問い合わせはできるだけメールでお願いします。