楽しくなければ続かない、外国人の介護福祉士試験勉強

外国人が介護福祉士国家試験の受験勉強をする。日本人以上に大変なこと

教室での受験対策講座で最も気を使うのが、どうやって勉強のモチベーションを維持し、高められるかです。もちろん講義そのものも、ひらがなのルビ振り、分かりやすい表現への置き換え、適宜英語を使った説明などを駆使しますが、もっと大事なのは、「楽しんで勉強してもらう」ことなのです。

通信講座(オンライン学習)もできるだけ生の講義をキャッチボールしながら

外国人向け介護福祉士国家試験対策通信講座では、学習専用のフェイスブックグループページと、生徒たちとの交流の場としてのフェイスブックグループページを組み合わせています。(上記の写真は、後者ページでの生徒さんや講師のやりとりの一部)

学習専用フェイスブックグループページの概要をご覧ください。