第31回介護福祉士国家試験直前対策ビデオの視聴状況分析を公開

第31回介護福祉士国家試験筆記試験が1月27日に実施されました。

当センターでは、前月の12月21日より、ユーチューブにて本格的直前対策講義動画の無料公開を開始しました。動画の視聴状況と分析は下記の通りです。

詳細データはこちらにあります。http://www.maripartners.net/download/youtubeanalysis20190128.pdf

12月21日以降に投入した直前対策講座動画は全12本。それ以前の短編サンプル動画も含んだ数値になりますが、試験日前日までの37日間で、延べ143,000回視聴され、その間のユニーク視聴者数は17,000名に上りました。最近の国家試験受験者数が8-9万人前後のため、受験者の2割前後の介護職が当センターの動画を視聴したことになります。

特に人気だった動画は、「介護福祉士国家試験直前対策:全科目を4時間で一気に復習!」「試験直前2日間のラストスパート総まとめ4時間 第31回介護福祉士国家試験用」「○×クイズでポイント確認・復習(前半4時間)介護福祉士試験対策」でした。

視聴者の属性は正確には算出できませんが、試験日直前から試験日翌日までにいただいた各種コメント・メッセージを分析すると、驚くことに日本人介護職が全体のほぼ3/4を占め、日本人が仕事の合間などに無料動画を活用して試験勉強していることが伺われます。また、外国人は全体の1/4ほどでしたが、国籍ではフィリピン、インドネシア、ベトナムが多かったと類推されます。これは、EPA介護福祉士候補者たちが自己学習に無料動画を活用していたことを物語っているようです。(各コメント・メッセージは http://caregiverjapan.org/kaigofukushishi/freeyoutube でご覧になれます。)

(コメントの一例)

はじめまして。

昨日、31回介護福祉士国家試験を受けました。日本人ですが、EPA講座のYouTubeすごく分かりやすく、訪問ヘルパーの移動中、常に聞いていました。他の学校の対策講座を五万かけて受けましたが、もちろんそちらも素晴らしかったですが。井上先生の講座はなんといっても分かりやすい。先生のおもしろさが最高のリラックス。頭に入ります。本当に感謝しております。自己採点ではいけてます。発表の3月まで、今日からまた仕事に励みます。ありがとうございました

外国の方、日本語の問題を解かれるとは、ほんとにほんとに、素晴らしいです。努力家ですね。最高の人材でありますね

最近の国家試験合格率が70%前後に上がってきてます。

それでも合格ボーダーラインの人も含めると約半数の受験者たちが日々の仕事や生活に追われながら、不安な中で難しい専門用語・活字が並ぶテキストなどに向かい合って勉強しています。合格に必要なポイントを絞った、分かりやすい説明での指導は、外国人だけでなく、日本人介護職の人たちにも必要です。

無料動画の一覧は→ここを参照ください。

第32回介護福祉士国家試験の対策講座の公開は本年末を予定

第31回の筆記試験が終わりましたので、本格的に編集した対策講座の無料公開は1月25日公開ビデオを最後とし、今後は短編のサンプル動画を継続して公開します。また、今回同様の本格的ビデオの無料公開は年末までに開始したいと考えています。